コラム

古紙が再生紙に生まれ変わるまで

1.古紙を回収する

普段、皆さまは古新聞やダンボールをどのように資源回収に出していますか?

新聞屋さんから、もらう紙の袋に入れて、古新聞や雑誌などを出していますか。

それで十分ですが、ダンボールは別に束ねてくれると有難いですね。

その場合、食物の残りとかプラスチックなどの紙以外のゴミを混ぜないでください。

 

 

2.古紙回収で大変困っている物があります。

それを禁忌品(キンキヒン)と言います。

*    芳香紙・・・・・・・・・・・匂いの付いた紙です。

*    昇華転写紙・・・・・・・・・主に絵柄など布地に加熱してプリントする際に使われる紙です。

*    感熱性発砲紙・・・・・・・・主に点字関係で使われ、熱を加えた所が盛り上がる紙です。

*    ワックス付きダンボール・・・輸入青果物、水産加工品が入った内側をワックスで塗った箱です。

これらの禁忌品は、紙製品になった後で悪さをします。

紙製品から特定の匂いが出てきたり、紙製品の表面に斑点やボツボツが表れたりして、使い物になりません。

 

 

3.持ち帰った古紙は、圧縮梱包機で古紙の塊にします。

ベルトコンベアに乗せて圧縮梱包機に送る過程で、異物が混入していないかチェックします。

梱包された古紙の塊をベールと呼び、重さが約1トン位の塊になります。

 

 

 

4.再生紙の完成

製紙工場で古紙は溶解されフィルターでろ過し、最後の異物撤去作業をします。

漂白されパルプとなり、色々な用途に向け紙製品に加工されていきます。

 

この様な過程を経て、皆さまに出していただいた古紙は再生紙としてよみがえるのです。

グリーンロジテックは、皆さまに「再生紙」を使っていただけるよう、これからも努めて行きます。

 

カテゴリー
スタッフブログ (44)
お客様の声 (3)
回収日記 (1)
コラム (15)
スタッフ紹介 (1)
CSR (1)
実績紹介 (4)
自社車輌便 (1)
古紙の豆知識 (2)