コラム

段ボール回収

●段ボールの回収
段ボールはほぼ100%リサイクル可能な包装材で、実際の日本の段ボールの回収率は95%以上にもなります。
回収された段ボールはまた段ボールとして使用されることがメインですが、
雑誌、新聞紙、ボール紙など様々な古紙にも利用されています。
 
●段ボールの特徴
・暮らしの中での段ボール
私たちの暮らしの中で様々な場面で活躍しています。
食品や工業製品の流通の場面や、引っ越しの荷造りや、最近ではeコマースでの宅配など暮らしにより身近になっています。
 
・衛生性の高さ
段ボールを一度使用して、保管してまた使用する、という使い方をする人はあまりいないのではないでしょうか。
段ボールは使用された後はリサイクルされ、また新しいダンボールに生まれ変わるため常に衛生面ではきれいな状態に保たれています。
 
・環境に優しい包装材
再利用するプラスチック系の包装容器と異なり、紙である段ボールは水を加えるだけでバラバラとほぐれて繊維状に戻り、リサイクル工程の環境負荷も低い素材です。
段ボールの主原材料は、段ボール原紙と糊です。
段ボール原紙は古紙とパルプからできており、糊はトウモロコシを原料にできています。
仮にリサイクルされることなく、放置された場合でも最後は土に還ります。
 
●段ボールのリサイクル
・異物を混ぜない
段ボールを止める針金、粘着テープ、宅配便の送り状、ビニールコーティング紙、付着している内容物は取り除いた状態で回収にお出しください。
 
・折りたたむ
回収がしやすくなるように平たく折りたたんで回収にお出しください。
そうすることで一度に多くの段ボールを回収することができます。